新人教育の場では、医療現場の最前線で、精神的にも、技術的にも、不安を抱えた新人達をサポートするのが私の役目です。
とにかく、まずはじっくり話を聞いてあげることが大切です。
それから、アドバイスをしたりと一人一人それぞれに合った教育(対応)をするようにしています。
休みや勤務の配慮が必要な時は、私から上司に話をしたり、保険管理センターの医師と連携して支援したりしています。

私自身、長く現場にいるので、その経験を活かして看護師として、嬉しいこと辛いことを切り抜けて行くことの大切さを伝えており、時には厳しい言葉を投げ掛けることもあります。
しかし、その言葉の意味を真摯に受け止めて、後輩達が日々成長していく事がとても嬉しく思います。

現場では、生活背景や症状が異なる患者様から正しい情報や患者様自身の治療に対する考えを知るためにも、積極的にベットサイドに伺って話をするように努めており、時には患者様側から、とても大切な人生の生き方や人生に対する価値観の違いを感じさせられる事があります。
こういった事は、治療する側とされる側の目線違いであり、医師は治療する側で、看護師は常に医師と患者様の間の目線でいられるようにいなければいけないと思うので、患者様からの小さなサインも見逃さないようにしています。

又、予期せぬ出来事によって、搬送されて、入院が必要とされる患者様はもちろん、その家族への援助の大切さを、実感し忙しいながらも充実した日々を送っています。

常に、学習することが必要で、知識や技術だけでなく、高度なコミュニケーション能力を求められる仕事だと思います。
コミュニケーション能力を高める事によって、私自身の人間力も高められ、プライベートでも役に立っていると思います。
何よりもこの仕事で学べた事は、人を想う気持ちが人を救うことです。

そう心得て仕事をしていると、私が患者様を助けてるのではなく、患者様の「ありがとう」の言葉や、職場のスタッフに支えられて仕事が出来ている事をとても実感します。

これからも、患者様に合った看護援助が出来るように励んでいきたいと思います。

One comment on “後輩達の成長

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です