看護師という、常に人の命に関わり人の生死を目の当たりにせざるを得ない時もあり医師や患者さんの間に入り時には架け橋になったり看病などにおいては単に患者さんの病気の治療に携わり身体面においてのケアや管理だけではなく人により正確や病状なども異なりますし患者さんにより正確も異なりますので患者さん一人一人をきちんと見つめ向き合い病は気からという言葉があるように常に患者さんの精神面においてのケアに関しても決してケアを怠ってはならず常に考慮や配慮が必要不可欠であり精神的にも肉体的にも色々な重圧が掛かる中で日々の看護業務を正確且つ丁寧にこなさなくてはならず数ある業種の中でも群を抜いて色々な辛くきつく非常に大変な仕事である為自分自身の肉体面や精神面においての健康維持やケアも必要不可欠なので勤務中だけに限らずプライベートに関しても常に気を抜けない状態が続きますが仕事に対してのやり甲斐さえ忘れずに感じられればこの過酷と言っても過言ではない仕事を続けられると思います。

やり甲斐の一つは、人間関係を上手に気付けた時です。

中でも、患者さんやそのご家族の心からの笑顔を見られた時や特に直接患者さんの口からありがとうと言う何気なくも非常に温かいお言葉を掛けて頂けた時が他の何ものにも替えられない程に心の底から嬉しさが込み上げてくるものです。

二つ目は、患者さんの状態が改善した時です。

これは、何よりも患者さんご自身が闘病生活を送る中で決して諦めずに不条理とも言える病気にも関わらずご自身の病気や突如として下された運命に立ち向かい一刻も早く治る様にと心から強く願い続けたと共に必死に向き合い日々の非常ひ辛く苦しい治療などに耐え一生懸命に生きているという証でもありその成果が最大限に発揮されたなんとも喜ばしい瞬間です。

その様な大切な瞬間を共有出来る強い喜びと同時に、少なからずその手助けが出来た事を実感出来るからです。

この二つは、看護師という仕事の中で特にやり甲斐を感じられるます。

直接、人の為になる仕事であり非常に素敵な仕事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です