看護師の資格を取得する迄や実際に仕事に就き精神面においても肉体面においても非常に過酷な現場で看護教務を行う過程で多くの医者や患者さん達だけに限らずそのご家族などの多くの方々に一人前の看護師として認めて頂ける迄の道のりは一言では語り切れない程に非常に大変であり生半可な覚悟や意思ではとても過酷な道のりを乗り越える事は不可能といっても過言ではありません。

それは、直接人の命に携わらなくてはならない仕事であると同時に日々の看護業務を行うにあたり例えそのミスが初歩的だとしてもミスの大小に関わらず決して間違いを起こしてはならず非常に重要な仕事であり重大な責任があり患者さん達の精神面や肉体面へのケアだけに限らずプライベートの時間でさえも健康維持を決して怠ってはならず健康管理に関してなど常に気が抜けない状態が続きますし何よりも患者さん一人一人の欠け替えのない大切な人生をも左右する高い危険性などがあるからです。
また、患者さん達だけに限らずそのご家族の人生をも左右してしまう可能性が非常に高いからです。

自分自身だけではなく、人の命の大切さや重みなどを決して忘れてはならず強い重圧に負ける事なく強く肝に命じ続けると同時に常にそれらの事を念頭に置き看護教務を行う必要があります。

その為、世の中には数多くの職種がある中で看護師という仕事を選んだ人は非常に強い意思や覚悟を持っている人が多いと言われています。

看護師という仕事を通して非常にやり甲斐を感じられることの1つは、この様に常に油断を許されぬ環境の中でも予想さえも出来ぬ日々の様々な課題を乗り越えられたと実感でき自負できた時です。

看護師という仕事を通しての非常に高い経験や体験は貴重であり、自分自身を成長させる為には必要不可欠な事であると同時にこれから先の自分の人生だけに限らず看護教務にも充分に活かす事が出来るからです。

自分自身の経験値や体験値を上げる事により、その値が高ければ高い程少なくとも患者さん達の病気が一刻も早く治り非常に辛く苦しい闘病生活から抜け出せる手助けにも繋がりますしそれを強く願い信じる気持ちを決して忘れてはいけないと思っております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です